2015年06月27日

メンタリスト シーズン4 EP16

第16話(第86話)「彼の赤い企み」His Thoughts Were Red Thoughts

ワーナー公式サイトあらすじ

カルト反対運動団体のトップが殺害され、カルト集団“ビジュアライズ”のカリスマ的リーダー、ブレット・スタイルズに疑いがかかる。ジェーンは、自分自身も“霊能者”として活動していた頃のライバルだったスタイルズと久しぶりに再会したが、犯人はスタイルズではないと確信する。ジェーンが密かに“ビジュアライズ”内部の調査を始めると、意外な事実が次々と明らかになってゆく。

以下、ネタバレ含む感想

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ



カルト反対運動団体トップのメドウズが殺され、ビジュアライズのブレット・スタイルズ(シーズン2第20話「赤い血だまり」)、(シーズン3第3話「血まみれの手」)が疑われます。

ジェーンは直ぐに警察官の中に居たビジュアライズのメンバーを見つけ出します。彼が事件現場の掃除を行ったようです。

被害者と共に活動していた者によるとメドウズは、ビジュアライズ設立時にスタイルズがライバルを殺害していたと考えてました。

ヴァンペルトは文句言いながらゴミ箱漁り(笑)
他の捜査官が特注のスーツなどを発見しました。血がべっとりついてます。調査の結果スタイルズの物でした。

ジェーンとリズボンはスタイルズに会い釈明を聞きます。リズボンが逮捕すると宣言した途端、信者たちが皆立ち上がり攻撃的な視線を向けてきました。流石にカルト教団だけあって怖いですね。

tms4ep16_01.jpg

リグスビーはパーカーに会い、ティモシー・ファラガットについて聞きました。彼が死んで1年後にスタイルズが指導者になったようです。

ヴァンペルトがスタイルズに操られかけてます。危ういです。

tms4ep16_02.jpg

スタイルズは、自分の後釜を誰が狙っているかを見極めるためにわざと自分で証拠をつくって自分で自分をはめてました。それを見抜いたジェーンは、信者たちにスタイルズを弱々しく見せるめねつ造写真を提示したのでした。

教団では後釜を決める投票を行ってましたが、ジェーンは唯一反対したナラ・ヒル女史が犯人だと追求します。証拠はねつ造でスタイルズは早々に戻ってくるだろうと予想出来たから。

ジェーンはスタイルズに一つ貸しを作りました。今後、レッド・ジョンに絡んで何かしら役に立つ時が来るかも知れませんね。

tms4ep16_03.jpg

「カルト宗教」取材したらこうだった (宝島社新書)

中古価格
¥164から
(2015/6/27 08:00時点)




人気ブログランキングへ
海外ドラマブログランキング




スポンサードリンク

posted by mr at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | The Mentalist S4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。