2015年08月10日

デスノート EP06

#06「ついにキラ逮捕!僕がキラだ…自白に隠された驚愕の作戦とは」

Huluあらすじ

海砂 (佐野ひなこ) が“第2のキラ”としてL (山崎賢人) に拘束された。海砂にデスノートを放棄させることで記憶の一部を消し、彼女を守ることにしたレムは、月 (窪田正孝) からある作戦を託される。そして月は、何と自らがキラなのではないかと告白しキラ対策室に出頭。驚きに包まれる総一郎 (松重豊) たちをよそに、月は24時間Lの監視下に置かれることで疑いを晴らそうとする。そしてLは、そんな月にきつい質問責めを行い…。

以下、ネタバレ含む感想

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ



海砂は第二のキラ容疑でLに拘束され尋問を受けるが口を割らない。月は海砂がキラの正体を喋るのではと焦り、総一郎に電話し様子を伺おうとする。海砂はレムに自分を殺してくれと懇願する。彼女は気を失い、目覚めると人が変わったようになる。

dnep06_01.jpg

レムは海砂にデスノートを放棄させて記憶を消していた。海砂は死神の目もレムの記憶も失ったが、月を愛している感情は忘れていないという。レムは赤いデスノートを月に託し、海砂を助けられなければお前を殺すと忠告する。

月は旅行に行くと書き置きを残し家を出て、森の中にデスノートを埋める。

dnep06_02.jpg

月は海砂を救うためレムに何かを頼む。月はキラ対策室に訪れ、自分はキラかも知れないから拘束するよう申し出る。月が拘束されてから、キラによる犯罪が無くなった。

監禁8日目にして、強盗犯、殺人犯、麻薬密売人が心臓麻痺で死亡した。Lは第三のキラが現れたかも知れないと考え、月にはこの事実は隠す。

とある一室で男8名が集まり、誰を殺すかの会議をしている。標的をキラに殺して貰うようだ。

dnep06_03.jpg

月はレムに、ある程度地位があり出世欲が強くそのためにノートを使いそうな人間にデスノートを渡すよう頼んでいた。その人間をキラとして逮捕させ、自分と海砂の身代わりにと考える。Lは身代わりのキラを捕まえるだろうし、その時まだ疑われている自分はLの側にいることに賭ける。

記憶がない月の元に本当にデスノートが戻ってくるのかと問うレムに、月は「犯罪の無い世界を俺が心から望むなら戻ってくる」という。

第三のキラを捜査中の対策室メンバーの元にLからヒントが送られて来る。そのヒントから、キラの殺しは、四つ葉ジャパングループ株式会社に有利に行われていることに気づく。

WHY JAPANESE PEOPLE!? [DVD]

新品価格
¥2,409から
(2015/8/10 17:16時点)




監禁15日目に食事を持って行った相原の不用意な言葉で、月は第三のキラが犯行を重ねていることに気づく。

dnep06_04.jpg

Lは月にポリグラフを使用する。Lからの「貴方の正体は?」の質問に、月はプライドを「捨てる」と発言。これによりデスノートの所有権が放棄され月のデスノートに関する記憶が失われ、ポリグラフに反応はでない。

ポリグラフ鑑定―虚偽の精神生理学

新品価格
¥5,184から
(2015/8/10 17:15時点)




監禁16日目に、総一郎は月の監禁を解き車で連れ出す。対策チームにヒントを送ったのはLではなくニアだった。総一郎は月に「キラであるお前を殺して私も死ぬ。地獄で会おう」と空砲を撃つ。

dnep06_05.jpg

Lは、もし月がキラだったら父親であっても総一郎を殺すはずだし、予め海砂にも総一郎が月を殺そうとしていると伝えてるので第二のキラなら総一郎を殺すだろうと踏んでいたが、総一郎は無事だった。これで月の監禁が解かれた。第三のキラの捜索が本格化される。




今までの設定や経緯を無視し、このエピソードだけ見ればそれほど突っ込みどころはありませんでした。原作エピソードを繋いでるだけなので。ただ、当初からの様々なキャラクター設定や物語の経緯を考えると、相変わらず意味が分からない状態になってる気がします。

前回も思いましたが、月を平凡な学生設定にしたからにはそれに因んだエピソードなどが盛り込まれドラマオリジナルで行くのだろうと思っていたらここに来て、頭脳明晰な原作月と同じ思考と行動を取り始めちゃうドラマ月。

なんで平凡設定にしたのでしょう。さっぱり意味が分かりません。原作でも分かり辛い、ノートの所有者を変えて、埋めて、放棄するくだりも、ドラマではより一層分かり辛く採用しちゃってるし。平凡な大学生がこんな方法思い付くでしょうか。

原作月は、自分の性格をよく熟知していて自分なら必ずLより先にデスノートを手にすることが出来る!という裏付けがあったけど、ドラマ月はかなり行き当たりばったりで、こんなの計画でも何でもないです。単なる運頼み。予告で「計画通り」と言ってましたけど、どこが計画通りなのか問い詰めたいです(笑)

原作月なら平気で父親も殺しそうですが、ドラマ月は父親を助けるためにデスノートを使ったくらい優しい青年です。果たして本当に撃たれそうになったからといって、父親の名前をデスノートに書いたでしょうか?私はもしキラの記憶があって名前を書ける状態でも書かない可能性もあった気がします。

キャラクターの基本設定が全く違うのに、エピソードだけ原作から持ってくるので物語りが破綻してて微妙な状態になっちゃってると思います。

今までLに天才探偵といわれるほどの頭のキレを感じたことも一度もないし、ニアも病気の子供という感じしかしないので、ドラマの設定にあったドラマ独自の何かガツンとしたエピソードが欲しいところです。

人気ブログランキングへ
海外ドラマブログランキング





タグ:デスノート
スポンサードリンク

posted by mr at 17:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | Death Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デスノート、マンガのイメージが強すぎて、
すんなり入ってこないです・・・。

応援しておきました。ポチッ
Posted by 矢田@医療職兼業トレーダー at 2015年08月11日 21:04
矢田@医療職兼業トレーダーさん
コメント&ポチッありがとうございます。原作は面白かったですからねぇ。今回も、意味の分からない設定にせずに素直に物語を組み立てれば、かなり面白かったと思います。月の窪田さんの演技が素晴らしいので・・・
Posted by mr at 2015年08月12日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。