2015年12月03日

グリム シーズン1 EP19

第19話「目撃者」Leave It to Beavers

Huluあらすじ

橋の建設現場で “アイスビーバー” のロバートが他の魔物のサルという男に殺される。その現場を目撃してしまった同じく “アイスビーバー” のアーノルドは通報するが、サルに見つかり…。

以下、ネタバレ含む感想

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ




"'Wait!' the troll said, jumping in front of him. 'This is my toll bridge. You have to pay a penny to cross.'"
トロールが彼を呼び止めた。「待て!橋の渡り賃をよこせ」

モチーフとなった童話「三びきのやぎのがらがらどん」

ニックはモンローに協力を仰ぎグリムとしての訓練を開始する。

ビーバー型ヴェッセン”アイスビーバー”のロバート・グロッサーンは、トロール型ヴェッセン”ヘスリッヒ”のサルヴァドール・ブトレル(サル)に金を払わなかったことで、建設現場で惨殺されてしまう。

gs1ep19_01.jpg

犯行現場を目撃したアーノルド・ロザラットは直ぐ911に通報するが、サルに見つかってしまい逃げ出す。

彼もアイスビーバーで、同じアイスビーバーの男に匿って貰う。

ニックとハンクはロバート殺人事件の捜査を開始し、通報者のアーノルド宅へと行くが彼は居なかった。部屋にはアイゼンバッド・ヴルスナー(バド)たちとの記念写真が飾られていた。

gs1ep19_03.jpg

ジュリエットは命の恩人であるモンローをディナーに招待したいと良いですが、ニックは色々と話せない部分が多いので困惑するも、モンローは乗り気だった。二人で話しを合わせて乗り切ることに決める。

仕事で揉めていたというサルに会う。ロバートの携帯にはSBと登録されていた。ブトレルはヘスリッヒに変身し、ニックがグリムだと分かる。

gs1ep19_04.jpg

ニックはバドに協力を仰き、ロバートを殺したのは”ヘスリッヒ”だと分かる。

モンローはディナーに招待されるが、ニックとの会話がぎこちない。

gs1ep19_05.jpg

バドはアーノルドを匿っているだろう仲間のアイスビーバーの元へ行く。グリムのニックが助けてくれるから協力しろと説得する。

ブトレルはグリムに正体を知られたことで、死神にグリムを殺させようと計画する。

o-ka ハロウィンコスプレグッズ ハロウィン コスプレ ホラー ゾンビ イベント パーティー 文化祭 学園祭 仮装 変装 (鎌)

新品価格
¥480から
(2015/12/3 23:03時点)




ニックはバドに呼び出されアイスビーバーの集会に参加する。慣習に従うべきだという保守派と、ヘスリッヒに立ち向かうべきだという進歩派で意見が対立し、多数決で保守派が勝ってしまった。

gs1ep19_06.jpg

サルはグリムを殺すため死神に依頼するが、彼らによって拉致、拷問される。

gs1ep19_07.jpg

バドたちは話し合いの末、アーノルドと共に警察署に現れ、証言に協力してくれることになった。ニックはサルに電話し、彼のオフィスで会うことになり、直ぐに逮捕された。死神2人はその様子を見ていた。

警察署でアーノルドによる面通しでサルが犯人だと特定された。

ニックはアーノルドらをドームへ送り届けるが、死神に尾行されていた。バドは尾行に気付き直ぐにニックに連絡する。ニックは3人を避難させて、死神二人と戦い倒す。

gs1ep19_08.jpg

モンローを呼び出し死神2人の死体処理を頼む。そして警告として二人の生首を送りつける。

gs1ep19_09.jpg

ニックがジュリエットの元へ戻ると、バドたちアイスビーバーらが何度もお礼の品を持ってきていた。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

新品価格
¥1,188から
(2015/12/3 23:02時点)







数あるヴェッセンの中でも、アイスビーバーは可愛いですね。モンローなんかはかなり怖いですから(笑)

今回は臆病なアイスビーバーの男気を見ることが出来ました。アーノルドもよく頑張りましたね。

モンローとの特訓のせいかがあって、死神2人を打ち倒すことが出来ました。モンローが考えた”警告”は、かなり効果があったかも知れません。流石に相手もびびるでしょうね。

人気ブログランキングへ
海外ドラマブログランキング





タグ:グリム
スポンサードリンク

posted by mr at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grimm S1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。